スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蓮池透×森達也」、金大中、WALK9

辻信一です。

金大中さんが亡くなりましたね。すごい人だった、とつくづく。

太陽政策バッシングがありますが、ぼくたちももう一度あの政策の深い意味をしっかり考えてみる方がいいですね。

そして、拉致というなら、彼の拉致についても同時に考える必要がある。

そして日本が関わった過去の多くの拉致について。


ぼくは一度若いときに、アメリカで金大中氏と会って、少しだけだけど話したことがあります。

ぼくが大学院のときに大学に講演に来てくれたんだけど、話をきいて、生意気盛りのぼくは、なんだ、ただのジェファソニアン(アメリカ建国の父ジェファーソンの流れを汲む民主主義者)だったんだ、と。ほら、当時、反共という名目で弾圧されていたでしょ。講演のあと、彼を囲む時間があって、なぜか、ぼくが彼の前に立っていた。

韓国の軍事独裁をいかに日本が支えてきたか、自分自身への弾圧に対する日本の協力も含めて語るときの、その眼光の強烈さにぼくは怯えるほどで、周りで聞いていたアメリカ人たちもひやひや。でも、その直後に、その目に急に暖かな光が差して、「その同じ日本ほど多くの人が、私を支えるために心から応援してくれる国は世界にない、これも本当のことなのです」と言った。

ぼくも周りの人たちも、そこでホッと。そうして握手をした時にはとてもやさしいおじさんだった。たしか、「しっかり勉強してください」と励ましてくれました。

それよりも前、彼が死刑判決を受けたり、獄中に居たりしたころ、ぼくはワシントンに住んでいて、ホワイトハウスの前のキャンドル・ヴィジルに参加したことがあった。KCIAがうろうろしていたっけ。

森達也さんが言うように、朝鮮への態度や死刑存続支持80%(こんなにいるなら、ナマクラにもいるのかも^^;)というこの数字にこそ、この日本社会の本当の危うさが表れていると思います。

同じように韓国も、今、危ういところにたっているのかもしれないけど、民主主義を闘い取った経験が生きてくると思います。

その点、日本は・・・

30日の選挙も大事だけど、ぼくは9月9日から始まるWALK9・韓国巡礼にこそ、歴史の扉を開ける鍵があるような気がしています。

正木高志さんの『蝶文明』が出ましたね。これをみなさん読むだけでなく、広めてください。ぼくも、少しでもいいから巡礼に参加したいと思っています。
スポンサーサイト

小学2年生の手紙

中村隆市です。

2007年に一緒に「豪快な号外」を発行し、
http://www.teamgogo.net/read_gougai/gougai_hyoshi.html
来月、ブラジルのアマゾンやジャカランダ農場などで一緒に植林する
てんつくマンが今日、メルマガに興味深い記事を書いています。
セヴァンを思い出しました。

・・・てんつくマン日記http://www.tentsuku.com/から抜粋・・・

2009年5月27日(水)

今、岡山の国道4路線(延べ260キロ)の中央分離帯に、年間135トンのゴミが
捨てられて、そのゴミの処理費用が年間2000万円掛かかってるんやって。

中央分離帯に木があると木がゴミを隠してくれるという心理が働くらしいねん。
そこで、岡山県が決めたのは木を切ってコンクリートで固めるんやって。

それを知った、今日迄にもゴミを拾って、1円募金もしてくれている岡山の
小学校二年生の天使のはるちゃんがそんなの嫌だって岡山県知事に手紙を
書いたんよ。

まずは、その手紙を読んでな。

※※※※※※※※

ちじさんへ

わたしは一年生のときからごみをひらっています

せかい中にみどりをふやすために

しょくりんのためのぼ金もあつめています

雨がふらないと水がなくなって

水をうばいあうせんそうがおきるときいたからです
わたしはこわくなって
わたしはじぶんにできることをやろうとおもいました
だからわたしはごみをひらったりしています

さんようしんぶんで中おうぶんりたいの木をぬいて

コンクリートでかためるきじをよみました

わたしはもっとごみをひらいます

おとうさんにもおかあさんにも

てつだってもらいます

だから木をぬかないでください

わたしはわたしのみらいにみどりがほしいです

わたしがおばあさんになっても

みどりがいっぱいの

せんそうがないせかいにしたいです

知じさんもごみをすてる人がいなくなるようきょう力してください

木をきる人に言ってください

わたしももっとがんばります

おねがいします

石原はるか8さい

※※※※※※※※

このはるちゃんの手紙を読んで父ちゃんは魂が震えた!

はるちゃんは、今日、学校に行く途中、ナイロン袋を持って出かけて
ゴミを拾いはじめた。

小学二年生の子があきらめず動き出した。

この子どもの一歩を絶対に無駄にしたくない。

だから、みんなに力を貸してほしい。

一つはすでに動いていると思うけど、岡山チームはその中央分離帯を
綺麗にするための、チームはるはるを作ってゴミ拾いをする。

それを、必ずテレビ新聞のマスコミに伝える。

はるちゃんの手紙も添えて。

出来たら、はるちゃんのメッセージをビデオで撮って、マスコミ各社に持って行くねん。

そして、知事とはるちゃんをあわす。

おいらも政治家の友達にお願いしてみる。

ただ、大事なのは、知事に逢った時に、どうしたらゴミが減るかの案を提出せなあかんと思うねん。

まずは猶予の期間を作ってもらう。

その間にゴミのポイ捨てが減らなければ、あきらめる。

でも、父ちゃんは思うねん。

このはるちゃんの手紙を読んで、心が動かない人はほとんどいないって。

だから、みんなにお願いがある。

どうしたらゴミのポイ捨てが減るのか?

案をいっぱい送ってちょうだい。

それを企画書にして知事にはるちゃんが逢った時に渡すから。

どうしたら、車に乗っている人がゴミのポイ捨てをしなくなるか?

あなたのアイデアを下記のアドレスにちょうだい。

aho@tentusku.com

街から緑を減らすなんて時代の逆境もはなはだしい。
これを、みんなのYESのアイデアと、行動で変えてみせるんや。

みんなよろしく。

『100万人のキャンドルナイト』の集い

昨日、丸の内のOTEMATHI CAFEで開催された『100万人のキャンドルナイト』の集いに参加。今年すでに5年目を迎えるこの環境文化イベントは年々広がって、海外でもイベントが行われています。
今回のイベントには、呼びかけ人の枝廣淳子さん、藤田和芳さん、マエキタミヤコさん、竹村真一さん、辻信一さんらが登場し、それぞれ「キャンドルナイト」に対する思いを語りました。

辻さんは、毎日でんきを消す時間を作って、エブリデイ・キャンドルナイトを広めようと提案。

夏至のキャンドルナイトを待たずに、早速今夜からでもキャンドルナイトをはじめましょう。とくにTVを消してロマンチックなキャンドル・ディナーはオススメですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。