スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域ではじめる~スローシネマカフェ~

ナマケモノ倶楽部とゆっくり堂がはじめた新しいスロームーブメントが「スローシネマカフェ」!
1430ded2e26fe2ad99bca844963a7b59-500x338.jpg


カフェで、集会室で、地域で、劇場で、みんなで観て、感じたことを隣の人と話してみましょう。
このムーブメントは、そんな呼びかけからはじまります。
その「場」を共有することで、「つながり」が生まれ、新しい時代を創るきっかけができる。

これまでゆっくり堂が製作してきた2本の映画
「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来」と
「川口由一の自然農というしあわせ」を観ながら、多くの人と語り合いましょう。

ちなみにナマケモノ倶楽部では、アースデイに、「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来」と
「川口由一の自然農というしあわせ」を自主上映する仲間を募集しています。

現在、全国各地で15か所のカフェ、グループが手をあげています。
あなたも自分の暮らす、働く、集う地域を拠点に、世界に一つの「スロー・シネマ・カフェ」を開いてみませんか?詳しくはこちらへ
スポンサーサイト

スローデス?

o0571081810874928938.gif

横浜の戸塚にあるお寺、善了寺が主催するイベント、
カフェ・デラ・テラに行ってきました。

今回のテーマはなんと「死」について。
講師は死化粧用品を扱う会社で働き、
メイクの仕方などを教えている上野宗則さんです。

題して「スロー・デス・カフェ」

スロー・デスとか言われたって・・・と思うかもしれませんが、
昔と違って現代社会は死と向き合うことがほとんどありません。
言われてみて気づくのですが、
家族や親類が死にゆくところに居合わせた人って
あまりいないと思うし。
昔は当たり前だったのに、
なぜか死が隠されているような感じなのでしょうか。

お話は身近なはずなのに
あまり意識していない内容なだけに、目が開かされることばかり。

ぼくもワークショップで患者役をやって、
あなたの余命は3カ月です、って言われた時には
芝居だとわかっていても結構ショックだったし・・・
これだけだとなんのこっちゃ?という方もいると思いますが・・・、

人はだれでも死ぬもの
だから死から目をそむけずに向き合うことから
命の価値とか、生きるということも
見えてくるのではないか
と、そんなメッセージを感じました。

みなさんも機会があれば
参加してみてください。
でも今回は場所的にお寺でやったのがよりよかったのかも
しれないなあなんて思いました。

ちなみにカフェ・デラ・テラでは
今後もいろいろとイベントをやる予定。
12月17日には、ゆっくり堂からも本を出している
非電化工房の藤村さんのトークショーや
ソウルシンガー松谷冬太さんのライブ、
そしてキャンドルナイトなど盛りだくさんの一日です。
ブログをのぞいてみてくださいな。

「森林酪農・森林農法とスロービジネス」

ブラジルの植林ツアーから戻った中村隆市です。

ナマケモノ倶楽部では、辻信一さんの投稿をきっかけに肉食を減らすことが
話題になっています。

「元ビートルズのポール・マッカートニーが中心になって、毎週月曜日に肉を
食べない「ミートフリー・マンデー」キャンペーンを始めたと、今朝の新聞に
ありました。ヨーコも賛同しているとか。

肉をナマケル、すっごくやりたかったんです。ナマクラもこれにのりませんか?!
日本で最初に手をあげては。

これまで肉を30%減らそうとか、そしてその分、ちょっと高くてもいい肉を
買おうとか、いろんなところで言ってきたんですが、わかり肉かったらしくて・・・
BBBも、今ではBOBとなって、なんかいい肉くて・・・」なんていう下手な
ダジャレを辻さんが連発しています。

「いい肉」というのは、" title" title="詳細はこちら">日本短角牛7などのことですが、
月18日には、東京・国分寺のカフェスローでSBSとナマクラ共催で
スロービジネス学校「森林酪農・森林農法とスロービジネス」を開催します。

詳細はこちら

ゲストは、「持続可能な社会の実現」をミッションとして掲げ、森林酪農ほか
魅力的なスロービジネスを展開するアミタ株式会社の熊野英介社長です。


熊野さんと私がパネラーで、辻さんがコーディネーターです。

みなさん、当日、可能な人には、ぜひ参加してほしいのですが、
参加できない人もアミタという会社のウェブサイトをじっくり読んでみて
下さい。スロービジネスの一つのモデルケースと言っていいでしょう。


ハッピー・キャンドルナイツ!

辻信一です。

昨日から、御茶ノ水のGAIAの4F「みみをすます」ギャラリーで、ぼくのエッセーと、去年なくなった母、臣華(みか)の小品の展覧会「うしろを向いたナマケモノ――絵by臣華・エッセーby辻信一」が始まりました。3年間続いたBEPAL誌でのコラボ連載から選んだ絵とエッセーです。その初日である昨日は、そのギャラリーで、敬愛する正木高志さんが歌とトークの集いをやってくれました。

今朝、モントリオールに住むフランス人の友人が、闘病の末、死を迎えつつあるという報せがきました。

ここ日本では、朝から強い雨が降りしきっています。

若い友人たちは出産を間近に控えています。もうすぐ生まれてくるいのちの鼓動が聞こえてきそう。

今日は夏至、世界のあちこちで、いのちを祝福する祭りが行われ、そのいのちの源である太陽への感謝の祈りがあげられています。

今日から、「100万人のキャンドルナイト」です。ぼくは、代々木公園の夏至フェスに、死にゆく友人の手づくりのスカーフをしていこうと思います。

ハッピー・キャンドルナイツ!

辻信一

『エコロジーXエコノミーフェア』開催!

新宿紀伊国屋書店本店にて6月1日(水)~30日(火)
『エコロジーXエコノミーフェア』開催!
金融資本に代わるオルタナティブ とは?
Walk the Talk~変革のための対話を始めよう。
ECOXECOフェアに辻信一とゆっくり堂が協力しています。
ecoecof.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。