スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

obamania

友人がいまワシントンDCの国会の民主党議員のところでインターンををしていて、しかもオバマ・キャンペーンを手伝っているので、熱気が伝わってきます。その名もオバマニア。

ぼくはつい数日前に『幸せって、なんだっけ』という本を書き終わったとこですが、その中でも触れたとおり、ぼくはオバマニアの中に、カルチャークリエイティブの胎動を感じています。

2000年にポール・レイたちの「カルチャークリエイティブ」という本が出て、これが大きな社会現象になりきる前に、9.11事件が起こって、一回、この新しい潮流は封印された。それが何年かたって徐々に溶けていった。前回の大統領選挙の時にも、いろんな兆しはあったけど、それが今になってやっと社会の表面に出て大きなうねりを起こしている。

ヒラリーの近代派VSオバマのCC? まあ、だいたいそんなことをぼくは感じています。

ちょっと難しい本ですが、知識人の中ではある種バイブル的になってもいるらしい「マルチチュード」というのにも、相通じることが書かれています。

特に「差異」について書いているところが面白いです。オバマが白人と黒人(アフリカ人)のハーフだっていうのも興味深い。彼の背景は実に豊かですね。

「みんなちがってみんないい」で、スローやスモール(それぞれのサイズやペース)の思想にも通じます。

ともあれ、オバマ現象に注目しましょう。小浜はとてもいい町で、あの辺ではあそこだけ、ぽかっと原発がない。すばらしい神仏混交のお寺もあり、縄文と弥生をつなげるようなスピリチャリティにも溢れてます。カルチャークリエイティブの聖地になるかもしれませんね。

辻信一

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。