スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セヴァン・スズキ再来日!

セヴァンがまたやってきます。
4月に始まる「アースキャラバン」のリーダーとして、そのスタート地点に立つために。
詳しくはナマケモノ倶楽部のHPにて。

以下、11月に北海道に一緒に行ったときの報告(ビーパルから転載)です。

辻 信一

----------------------------------------------------------
≪世界はこんなに美しいんだもん≫

環境活動家として世界的に知られるセヴァン・スズキと晩秋の北海道を旅した。札幌から洞爺湖、さらに二風谷、浦河へ。行く先々で彼女は熱烈な歓迎を受けた。

まだ12歳だった1992年、ブラジルのリオで行われた「地球環境サミット」で、各国のリーダーたちを前にした6分間のスピーチによって世界中に感動を与えたセヴァンは、今27歳。この3年間、カナダの大学院で民族生態学を専攻し、最近修士論文を完成したばかりだ。

札幌の講演会では満場の聴衆を前に、リオのスピーチとそれ以後の自分の人生を振り返りながらこう語った。「おかしいな、と思ったんです。世界の未来を決める大切な会議に、その未来を生きることになる子どもたちが参加しないなんて」 

自分たちの思いを世界に発信することはできた。でも、92年以降、世界各国の政府はリオの約束を忘れたかのようだった。これからは普通の市民が下から世界を変えていくしかない、と思うようになった・・・。

来年7月に「G8サミット」が行われる洞爺湖。色とりどりの落ち葉が夕日を受けて輝く水辺を歩きながら、セヴァンは言う。「地球温暖化という暗い未来を前に、なんで、そんなに明るく嬉しそうにしていられるのって、よく聞かれる。だって、ほら、世界はこんなに美しいんだもん」

昔から、沙流川の流れに寄り添うようにアイヌの人々が暮らしてきた二風谷。今では、川は巨大なダムに遮られ、湖が濁った水を湛えている。水没する農地の地権者としてこのダムに反対する裁判の原告だった貝澤耕一さん・美和子さん夫妻を訪ねた。

ふたりはダム完成後も、地元の植物とアイヌ文化との関わりを調べる地道な作業を続けている。これからの世代がその知恵を必要とする時代がきっと来る、と彼らは信じているのだ。これこそ本当の民族生態学、とセヴァンは大喜び。

浦河では、ユニークな精神障害者のコミュニティとして注目を集める「べてるの家」を訪ねた。「がんばらない」、「あきらめが肝心」、「弱さの情報公開」、「昇る人生から降りる人生に」、「偏見差別大歓迎」といった一連の合言葉に共通するのは、現代の主流社会の通念を逆さまにしたような引き算の発想だ。グループホームでは、「弱さを絆に」、お互いを支え合い、「安心してさぼれる職場づくり」を目指した末に、いくつかのヒット商品をもつ「スロービジネス」を生み出した。

職場や交流会での、患者ならぬ当事者たちのなんとも楽しげな様子に、セヴァンは興奮に上気した顔で、「なんていう豊かさ!」と呟いた。その横でぼくは、ブータン国王の言った「GNP(国民総生産)よりGNH(国民総幸福)」という言葉を思い出していた。

セヴァンは9歳の時のことを思い起こしていたかもしれない。アマゾン奥地への旅で彼女はこういう問いを抱え込んだのだった。テレビやコンピューターどころか、電気や水道さえない村人たちが、北米や日本の人々よりも、ずっと生き生きと楽しそうに生きているのはなぜだろう? 本当の豊かさって一体何?

北海道から戻ったセヴァンは東京での集会で、「世界のために私たちができることは?」という質問に答えてこう言った。
「私たちにできる一番すごいこと、それはこの世界を楽しむこと!」

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。