スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻信一です。

昨日は午後、北海道浦河のべてるの家からのお客さんをカフェスローへ案内しました。ちょうど自然育児の会の集まりあり、また吉岡さんはじめカフェスローのスタッフにも紹介することができてよかったです。夜は、同じカフェスローで高尾山を守ろうというこれまたすてきなイベントがありました。ぼくも司会をやっていて、気持ちよかったです。参加者のほとんどが若者だということに、感動しました。

今日の午後は向谷地さんとべてるの家のメンバーたちがずらっと登場する「ピアサポ祭り」に行ってきました。依存症、摂食障害、DV,他さまざまな問題を抱える人たちの自助・ピアサポートのグループの集まりですが、その中で、べてるの「当事者研究」が大流行。そのべてるを迎えての今年の集まりということで、何か、みんなワクワクしている感じでした。

明日の月曜日の夜(朝は大学の卒業式、ぼくはまだ卒業できませんが・・・(^^;)、カフェスローにて「ナマクラmeetsべてる」という集まりをやります。ぼくは司会ですが、深津高子さんとともに、ナマクラを代表して、向谷地夫妻に話をうかがいたいと思います。おもしろい会にしたいので、ふるってご参加ください。

さて、昨日、ぼくの新著『幸せって、なんだっけ――「豊かさ」という幻想を超えて』(ソフトバンク新書)が出版されました。これは、ナマクラの皆さんと一緒にやってきた「GNH--豊かさを問い直す」、というキャンペーンの中で、考えてきたこと、議論してきたことをぼくなりにまとめたものです。これができたのはナマクラのおかげだと思っています。どうもありがとう。

環境なんかに関心ないよ、とか、経済なんかわからないという人に、ぼくたちはどう話しかけたらいいのか、そういう世間の大部分の人たちとどうコミュニケートをとるか、という問題意識から書かれたものですが、同時に、それはこのぼくだって、別に環境運動やなんとか運動をやりたくてやってるわけじゃないんだ、じゃあそのぼくが今こんなことをやっているのはなぜなのか、何の意味がそこにあるのか、という関心にも背中を押されるように書いた、という感じがします。いままでの本と重なるところは少なくないのですが、この本ではほとんど環境のことが出てきていないのが特徴です。

ぜひ皆さんにもこの本を読んでいただき、今後のナマクラ内外での豊かさや幸せをめぐる議論に参加していただきたいと思います。本にも書きましたが、ぼくは最初、「幸せについて書くことになるなんて」、となんか落ちぶれた気がして、気分が重かったんですが、今では幸せについて考えるのは面白いなあ、と思えるようになりました。

皆さんに読んでいただきたいのはもちろんですが、ぜひ、この本を、むしろ、「環境どこじゃない」と思っている普通の方々に読んでもらいたい。その人たちにこの本が届くよう、ご協力願います。

辻信一

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。