スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそ非電化!原発のいらないテクノロジーへ!

2008年に出版された非電化工房の藤村靖之さんと、辻信一さんの対談本『テクテクノロジー革命』
が今回の福島原発事故を受けて、改めて注目されています。

p_book_tectec.jpg

テクテクノロジー革命ご購入はコチラ

本書では、
藤村さん独自の“発明”によるGP(その家電が原発何基分の電力を消費するか)
という考え方によって、いかに私たちが
電気を浪費するような社会に慣れてしまっていたかが述べられています。
また、発明家の視点から、技術のあるべき姿を通して、
「便利さ」とは「豊さ」とは何かを問いかけます。

残念ながら、藤村さんや辻さんが恐れていた事故が起きてしまい、
現在も放射能汚染は広がっていますが、
いま大事なのは、代替エネルギーをどうするかというだけの議論で
終わらせるのではなく、
「私たちは電気が大量になければ生きていけない」
と思い込まされていることからの脱却
をしなければならないと思わせてくれる1冊となっています。

藤村さんのおちゃめなキャラクターも全開でお届けする、
たくさんの「目からうろこ」がこぼれおちる『テクテクノロジー革命』
まだの方は、今こそどうぞご一読を!!


テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。